にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

2016年3月31日木曜日

世界五大健康食品とは

前に、なのかのテレビでやっていた世界五大健康食品です。
  • キムチ(韓国)
  • 大豆(日本)
  • オリーブオイル(スペイン
  • ヨーグルト(ギリシャ)
  • レンズ豆(インド)
ネットで調べると、2006年3月24日に発行された米健康専門月刊誌ヘルス」に掲載されたようです。
これらを見ると豆類と発酵食品が体に良いのですね。

納豆などは「大豆」を「発酵」した食品なのでWですね。
しかし、韓国のキムチは、「ウ○コ」や「ネズミ」、「カエル」の死体が混入されていた過去があるので、日本製のキムチにしましょう。

また、オリーブオイルはイタリア産も有名ですが、マフィアの関係で「混ぜ物」が入る可能があるので、スペイン産とか。
意外なのが、レンズ豆で、レンズの方がレンズ豆より新しく、レンズ豆の形に似ているのでレンズとなったとか。

ということで、ご飯に納豆とキムチを載せ、野菜にオリーブオイルを掛け、デザートにヨーグルトを食べる。
これが、世界最高の健康食ですね。レンズ豆は…実は食べたことがないのでコメントのしようがありません。

2016年3月29日火曜日

キャットレッチ - 猫背を直すには

私は、前現場で隊長から、猫背を直せといつも言われて、意識的に直していました。
しかし、無意識になると、また猫背に戻っているのです。

警備員は見た目が命、なんとか猫背を直したいと思い、ネットで検索したところキャットレッチにたどり着きました。
以下の動画では、猫背の文言が出てきませんが、他の情報からこのキャットレッチが猫背に効くことは間違いありません。



ポイントは以下の3つ

  • 手のひらを上にして指を体の後ろで組みます。
  • 肩甲骨を寄せたら息を吸います。
  • 頭を息を吐きながら倒していきます。

猫背だけでなく、肩こりや腰痛にも良いとのことです。
これ、立哨で固まった肩と腕にも効果がありそうですね。試してみます。

2016年3月27日日曜日

ビオフェルミンのすすめ

昨日お話をした「自然治療で乾癬を治す」の本で、乾癬の主な原因は腸壁の薄化現象にあるとのことでした。
実はこれ、乾癬だけではないのです。
皮膚炎(ニキビ、アトピー、湿疹)のほとんどの原因が、これの可能性があるのです。

腸壁から入った毒素が体内を巡り、皮膚から外に出ようとすると、免疫機能が毒素を攻撃して皮膚が炎症を起こす。
この仮説が正しいとすれば、腸壁から毒素が入らないようにすればいいわけです。
そこで、ビオフェルミンが登場します。

ビオフェルミンは、みなさんご存知の通り整腸剤です。
腸内の悪玉菌(毒素?)を退治し、便秘下痢にならず、お腹も張らなくなりますよ。
(実は、ウ○コもオ○ラも臭くなくなるのです…すごい!)

あと、ビオフェルミンの成分(ビフィズス菌等)が腸まで届かないとの都市伝説がありますが、確かに空腹時は胃酸に苦戦するようですが、食後に飲べば届くとのことです。
また、花粉症にも、コレステロールにも、歯周病にも効くとのことで、ビオフェルミン製薬ウェブページに書いてありました。
ということで、「ビオフェルミンのすすめ」でした。

2016年3月26日土曜日

乾癬と悪玉コレステロール

私は9年前ぐらいから、乾癬を患っています。
乾癬は、皮膚炎の一種で、アトピーより厄介な病気で、現代医学ではステロイド系軟膏での対症治療しかありません。
つまり、原因治療が分からない病気なのです。

そんな中、先日、「自然治療で乾癬を治す」という本にめぐり合いました。
この本には、乾癬の原因の大部分は、腸壁の薄化現象にあるというのです。
食べ物を消化する時に、本来排泄される毒素が、腸壁から体内に入り、皮膚から排泄しようとします。
これに免疫機能が反応して、皮膚炎になるとのことでした。

話は変って、先日、健康診断の結果、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)が高いということで、再検査要となりました。
実は、9年ぐらい前から、健康診断では必ずこれが引っかかるのです。
一般人の時(9年前)は、気をつけてくださいレベルだったのですが、警備員だと再検査が必須みたいです。

ということで、まとめにもっていきます。
いろいろ調べると、乾癬も悪玉コレステロールも以下が悪いとのことです。
  • タバコ
  • 砂糖の取りすぎ
  • 酸性食品の取りすぎ(肉類、魚類、卵、砂糖、穀類)
  • 運動不足
  • ストレス

また逆に、以下は、良いとのことです。

私は、乾癬も悪玉コレステロールも同じ原因ではないかと思っています。
まずは、復活しているタバコを禁煙し、コーヒーには砂糖を入れないを実践します。
また、ビオフェルミンを常備薬とし、アルカリ系の野菜・海藻・キノコ・大豆を取るように心掛けます。

私と同じ乾癬で悩んでいる人は、「自然治療で乾癬を治す」は必読ですよ!

2016年3月24日木曜日

健康のための5つの実践

警備員はローテーション(シフト)で仕事をしているので、シフトに穴をあけられません。
そのためには、体調の自己管理が凄く大事です。
以下は、私がここ1年間行っている『健康のための5つの実践』です。
  • 少食知足の実践
  • 下腹に力を入れた歩き方の実践
  • 胸を張って、腰骨を立てての姿勢の実践
  • 深い呼吸の実践
  • 早寝早起きの実践

少食知足の実践

これは、本ブログで何回もご紹介しているので割愛します。
本ブログを「少食知足」で検索願います。

下腹に力を入れた歩き方の実践

ただ歩くのではなく、下腹に力を入れてサッサと歩くと、運動の代わりになり運動不足解消です。
中年太りに凄い効果があると感じています。

胸を張って、腰骨を立てての姿勢の実践

警備員は見た目が勝負です。つねに胸を張って、腰骨を立てた正し姿勢が大事です。
つねに腰骨を立てると、腰痛がなくなりますよ。「腰骨を立てる」で検索してください。たぶん、良い事に巡り合えますよ。

深い呼吸の実践

何かあった時は、つい動揺して、落ち着きのない状態になってしまいます。
そのような時は、浅い呼吸になっているとのことです。まずは、深呼吸深呼吸…。

早寝早起きの実践

仕事の都合上、無理な場合もありますが、なるべく、早寝早起きを実践します。
睡眠時間が足りない時は、昼寝で補いましょう。

とにかく、
  • 少食な食べ方
  • 運動不足解消の歩き方
  • 正しい姿勢
  • 深い呼吸
  • 早寝早起きの睡眠
の5つの実践です。

2016年3月22日火曜日

若返りのワン・ツウ・スリー

以前、テレビを見ていて、私と同じ年(60歳)のお医者さんが、見かけ30代に見えるとの内容でした。
そのお医者さんは、以下の3つを実行しているとのことでした。
  1. 一日一食で、寝る前の空腹時に食べる。
  2. お腹に力を入れてのウォーキング。
  3. 22時に就寝し3時頃に起きる、早ね早起き。
1は、本ブログでも何回も紹介している腹7分目で、科学的にも空腹は若返りサーチュイン遺伝子にスイッチが入ります。
2は、警備員の巡回が、まさにお腹に力を入れて、胸を張ってのウォーキングです。
3は、私の場合の当務の仮眠時間が、まさに22時に就寝し2時に起きるです。

ということで、私も実際の歳より、かなり若く見られていると思います(頭髪もふさふさだし)。
気も若し、頭の中も幼いし、ただ精神的成長が未熟なだけかもですが…。

しかし、テレビのニュースなどで、私と同じ年の人が放映される時がありますが、その老けぶりには、驚かされます。
とにかく、上記の若返りのワン・ツウ・スリーは、本当だと強く思う今日この頃です!

2016年3月21日月曜日

脂質異常症

定期健康診断で再検査要となり、行き付けの診療所で血液検査を受けました。
その結果、血液中の悪玉コレストロール(LDL)と中性脂肪が異常に高く、脂質異常症と診断されました。

実は、昔から健康診断では、この2つが高いと言われ続け、ここまで(60歳)来たのですが、警備員としては問題のようです。
とりあえず、治療要という条件付きで、勤務を続けることが出来そうです。

例の如く、ネットで脂質異常症の対処法を調べてみました。
食生活の改善をはかり、規則正しい生活を心がけ、運動不足や喫煙、ストレスなどの脂質異常症を招く要因はできるだけ避けるようにします。
[食事]
 1.肉類よりも魚・野菜・穀物を中心にした食事を摂る
 2.揚げものや炒めものを控える
 3.塩分を控える
 4.適正なカロリー摂取を心がける
 5.ビタミンミネラル食物繊維をたくさん摂る
 6.酒を飲み過ぎない
 7.お菓子や甘い飲料などの糖質を控える
 8.コレステロールを多く含む食品を控える
[日常生活]
 1. 体重を管理する
 2. 睡眠を十分にとる
 3. 適度な運動を行う
 4. ストレスをためない
 5. 定期的に健康診断を受ける
 6. 禁煙する
http://www.med.or.jp/forest/check/hyperlipemia/05.html

食事としては

私は、175Cm、64Kgで痩せ型です。
普段の食事は、肉類よりは野菜・穀物の方が多いです。
塩分は、少し多い方かも(家内の料理は味が濃く、いつも美味しい…)。
一番怪しいのは「糖質」のとり過ぎですね。
コーヒーは一日、5~6杯飲み、お砂糖を多めに入れます。
これ、30年間以上続けています。糖質が貯まりますね。
お砂糖をこれからは、控えようと思います。
ちなみに、酒は、ほとんど飲めません(缶ビール一缶がやっと…)。

日常生活としては

警備員になる前は、体重が68Kg前後ありました。
警備員となって、一日2万歩前後歩くことにより64Kg前後になりました。
睡眠は、勤務では仮眠ですが、家で足りない分を補っていますので、問題はありません。
ストレスは、結構ありますね。
警備員という慣れない仕事で、失敗の連続で、そのたび、厳しいご指導があり、以下推して知るべしです。
実は、タバコは、少し復活して、今一日4~5本吸っています。また、完全禁煙しないと!
あとは、巡回時にトレーニングと思い、もっと汗をかきたいと思います。
ストレスは、現状、どうしようもないですね。早く一人前の警備対応が出来るように頑張ります。


2016年3月20日日曜日

体臭が気になる(40歳代は加齢臭で、50歳代は老人臭!)

警備員の私の場合は、一日3回の巡回後に、めちゃくちゃ大汗をかいています。
警備服は、紛失や盗難を考慮して、基本的には自宅で洗濯するこはできません。

ということで、汗をかいても、ある程度は、同じ警備服を着る羽目になるのです。
そこで、問題になってくるのが、汗による体臭です。

まして、私の場合は、60歳で、加齢臭でなく、老人臭が出ている可能もあるのです。
ちなみに、40歳代は加齢臭で、50歳以上は老人臭というらしいです。

実はコレには、ショックでした。この私が老人!!
自分では、青年の気でいたのに…。
こんなことは、置いといて、まずは、体臭についてです。
何故、汗が臭いのか。汗自身は、元来、無臭である。が、汗の持ってる成分が、細菌によって分解されると不快な「分解臭」となる。もう一つが、汗と一緒に出てきた皮脂が、汗の成分である鉄イオンによって酸化される「酸化臭」だ。
皮脂汗には、細菌の餌となる皮脂が多く含まれているからだ。
http://www.mkb-clinic.jp/zatsudan/index.asp?patten_cd=12&page_no=91
要は、「分解臭」と「酸化臭」なのですね。
で、「分解臭」は細菌によっての分解なので、基本的に清潔にしていれば、防ぐことができそうです。
また、警備服へファブリーズや消毒液を霧状に噴射して殺菌すれば、防ぐことができそうです。

一方、「酸化臭」は、これが、よく言われている加齢臭や老人臭のことなのです。
加齢臭は活性酸素による皮脂の酸化臭なのです。皮膚や毛髪は、皮脂腺からにじみ出る皮脂により表面を保護され、保湿されていますが この皮脂の中には脂肪酸も含まれ、これが酸化すると過酸化脂質になりニオイの元になるのです。
この酸化臭が「ノネナール」といわれる、加齢臭の原因物質が発するニオイです。 酸化に対する抑制力は年齢とともに低下し、それが目立って現われるのが40代と言われています。
このニオイ物質は、男性女性問わず皮脂腺からの酸化臭として発散されますので、汗腺からの体臭とは別の皮脂腺対策が必要となるのです。
ニオイの原因はノネナールという物質。
それが加齢臭の原因となっているということです。
http://smiso1215.web.fc2.com/kareisyu/kareisyu_2.html
つまり、酸化臭とは、体内で発生する「活性酸素」が原因な訳です。
ということで、「活性酸素」を抑えれば、酸化臭である加齢臭や老人臭が出にくくなるのです。

では、「活性酸素」を抑えるにはどうするか?
まず、抗酸化作用があるビタミンCやEがが有効とのことです。
あと、同じく抗酸化作用がある大豆製品(味噌や豆腐など)等の和食がよいそうです。
逆に、「活性酸素」が出るのは以下の時なので、以下の逆をすれば「活性酸素」が抑えられる?!
とりあえずは、ママからは、加齢臭や老人臭はまだ出ていないみたいね…と言われました。
本当かな?

2016年3月18日金曜日

警備員は休めない(体調管理について)

施設警備は、少ない人数の警備員でローティション(シフト)されているので、一人が何かの原因で休むと、負担が全員を苦しめます。
オーナーは出来るだけ少ない金額で警備会社と契約したいし、警備会社は出来るだけ少ない金額で警備員を雇いたいし……。
すると、必然的に全く余裕の無い、必要最小限のローティション(シフト)になって、警備員さん達を苦しめる訳です。

警備員さん達は、体調管理をしかりやって、ローティション(シフト)に穴を開けないように頑張りますが…。
そこは人間、体調管理をしてたって、体調に気を使ってたって、怪我や病気になる場合もあるのです。

だからこそ、最低、体調管理はしっかりやって、当務での睡眠不足を、明休や公休には睡眠を補い体調を整えます。
お酒やタバコは控え目にし、食事も栄養やバランスのよいものをとるようにします。

ただし、食事はお腹一杯に食べてはなりません。
コレについては、以下を引用させていただきます。
この眠っている遺伝子を活性化すれば老化が防ぐことができ、番組ではアメリカウィスコンシン大学の実験で「老化ざる」と「老化せざる」の二匹の猿の約20年間に及ぶ比較実験の結果を紹介していた。
両方とも24歳のアカゲザルで一方は私のようにはげていて皮膚がたるんでおり、他方は若さみなぎる猿だった。
若者と爺さんというくらい見た目は違っている。
「この猿の違いは餌の与え方にあり、一方は十分な餌を、他方は30%ほど餌の量を減らして与え続けた」のだと言う。
日本のことわざに「腹八分目」という言葉があるがそれと同じで食料が十分でないほど長生きするのだそうだ。
 学者の説明では人類を含め生物は進化の過程で何度も飢餓状態に遭遇し、そうした条件下でも生きながらえるように飢餓遺伝子を体内に取り込んだのだそうだ。これは食料が不足すると活動し、体内にたまった老廃物を掃除してくれる。
 番組では老化の最大の原因はミトコンドリアの老化と免疫細胞の老化で、これを防げば老化の進行を遅らすことができるのだと説明していた。
ミトコンドリアは細胞のエネルギー工場なのだが、老化が始まると活性酸素を放出してしまい、この活性酸素が他の細胞を傷つけて老化が進むと言う。
しみやしわや血管の老化の主要な原因で有る活性酸素をこのサーチュインはサーチュイン酵素を出して消してくれるのだと言う。
 一方免疫細胞は通常は病原菌を攻撃するのだが、年を取ると敵と味方が分からなくなって、めったやたらと攻撃が始まって特に血管を攻撃して老化を早めるのだそうだ。
ここでもサーチュイン酵素が免疫細胞をおとなしくさせる効果があり、老化を防げるという。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/23614.html

そういえば私も、3年前に以下のような記事を書いていますね!
上記引用によれば、医学的にも腹七分目は正解だったのですね!

2016年3月17日木曜日

免疫力をあげる方法

警備員はローテーション(シフト)で勤務しているので、サラリーマン時代のように、風邪ぐらいでは休むことはできません。
また、私の場合は、持病に脂漏性or乾癬の頭の湿疹を持っており、これは、免疫力をあげて治すしかないみたいなのです。
ということで、免疫力をあげる方法を調べてみました。

  1. パンツを2枚はく
  2. よく笑う
  3. パントエア菌を摂る
  4. 爪もみ療法
  5. ビタミンを摂る
  6. 酒・タバコを控える
  7. 寝不足を控える
  8. 適度な運動をおこなう

5~8は説明がいらないと思いますが、1~4は何って感じだと思いますので、少し説明します。
  • 『パンツを2枚はく』は、風邪を引きそうな時のおばあちゃんの知恵で、要は、体温を暖めれば免疫力があがるのです。
  • 『よく笑う』は、よく笑うことによって遺伝子のスイッチが入り、免疫力があがることが認められています。
  • 『爪もみ療法』は、手足の爪の根元(1~2mm)のところをもむと、免疫力があがることが確認されています。
  • 『パントエア菌を摂る』は、免疫力のもとである免疫細胞を活性化するものがパントエア菌なのです。

2016年3月15日火曜日

脂漏性か乾癬か

私には、持病が2つ有ります。
一つが花粉症で、もう一つが頭の湿疹です。
頭の湿疹は、ここ2~3週間、かなり痒くなってきたので、今日、病院へ行ってきました。

頭の湿疹は、もう6年近く患っています。
約4年前、某杏林大学病院に行ってた時は、脂漏性皮膚炎と言われました。
約3年前、某斉藤皮膚科に行ってた時は、尋常性乾癬と言われました。
で、今日行った、某財満皮膚科で、『どっちなんですか?』 と、お聞きしました。

すると、脂漏性皮膚炎か尋常性乾癬かを検査で判別することはできないとのことでした!
また、脂漏性皮膚炎と尋常性乾癬は、共に現代医学では原因が分からず、アトピーより完治できない難病とのことでした!
難病ですが、単に頭の皮膚が少し痒く、フケ(実際はフケではないとのことです)が沢山出るぐらいで、大したことはないです。ただ、なかなか治らないだけです。

脂漏性皮膚炎と尋常性乾癬の治療は、微妙に異なるのですが、塗り薬については、共通で、ステロイドなのです。
なので、とりあえず、ステロイドのアンテベートローションと痒み止めのアレグラ錠を処方され、様子をみることになりました。

あと、脂漏性皮膚炎と尋常性乾癬、共に、以下がいけないとのことでした。
それから、皮膚の乾癬は、お風呂などでうつりそうなのですが、絶対に感染しないとのことですから、そのような人を見てもご安心ください。
そう、乾癬は感染しないのです!

2016年3月14日月曜日

目の充血 or 出血?

ここ半年ぐらいから、朝起きると、目が赤くなっている時が、結構あるのです。
しかし、痛みがないので気がつかず、人から言われて気がつくことがあるのです。

昨日は、右目の右側が、真っ赤になっていたので、さすがに気になって、ネットで調べてみました。
私の場合のキーワードは、『朝起きると目が赤い』『痛みがない』です。

すると、充血の場合は、眼精疲労で、出血の場合は、結膜下出血とのことです。
最近は、あまり目を使ってないし、そもそも労働をしていないので、眼精疲労ではなく、結膜下出血ではないかと思いました。

しかし、眼精疲労にしろ、結膜下出血にしろ、自然に治ってしまうとのことで安心しました。とにかく、目が充血 or 出血しても、痛みがなければ、放って置いても大丈夫のようですね。

で、思い当たる原因なのですが、半年ぐらいから前から、寝る前にアルコールを取るようになった事かもしれません(結膜下出血の原因はアルコールの場合もある)。

ちなみに、寝る前のビールをやめてから、一度も、目が赤くなりません。やはり、結膜下出血の原因は、アルコールでした(私の場合)。

2016年3月13日日曜日

花粉症にも効く、ペットボトル鼻づまり解消法!

風邪や花粉症の時、頑強な鼻つまりになる場合があります。
その時、何かのテレビで見た『ペットボトル鼻づまり解消法』を思い出し、試してみました。

頑強な鼻つまりは、左側だったので、右脇にペットボトルを抱えると、あら不思議、鼻が通ったのです!!
ちなみに、右側の鼻つまり時は、左脇にペットボトルを抱えます。

なぜそうなるかは、以下のようです。
そのシステムはというと、ある実験では、体の側面を圧迫するとその反対側の交感神経が刺激されて発汗が促される、というのが分かっているのだとか。
これはその応用で、例えば、右の脇に挟むと左の交感神経が刺激され、鼻甲介の血管が収縮、一時的に鼻づまりが緩和されるのだそうです。
http://karadamemo.jugem.jp/?eid=30

2016年3月11日金曜日

中性脂肪が高い!

前に、健康診断で一日人間ドックに行って来ました。
検査は、午前中に終わるのですが、午後に食事をし、検査結果が3時頃になるのです。
主な検査は、以下の感じです。
検査結果では、中性脂肪が標準値よりやや高いとのことで、これ以外は標準値でした。
実は、毎年、中性脂肪が高いって言われています。で、結果発表の時に中性脂肪のことをいろいろとお聞きしました。

まず、食事は少し少な目にし、運動をするといいようです。
あと、睡眠時間や食事時間など、規則正しい生活がいいとのことでした(まぁ、当たり前!)。

運動は、中学で部活(野球)をしていた後は、高校・大学・社会人(通算約40年)と全く運動をしていないので、いまさらできるわけもなく…。そこで、考えました。

それは、「早や歩き」と「階段上り」です。
通勤時は、なるべく早や歩きし、横断歩道は使わず歩道橋を使うのです。

ということで、早や歩きで運動不足を補います!
来年は、中性脂肪を正常値にしたいと思います!

中性脂肪の長所も上げときます。
中性脂肪は、あまりいいイメージのない人も多いようですが、体にとって大切なはたらきもしています。ひとつは、エネルギーの貯蔵です。人が体を動かすときには、血中の糖分をエネルギー源として使います。しかし、時には糖分が足りず、エネルギー不足となってしまいます。そんなときに使えるのが、この中性脂肪です。
また、冬に体温を一定に保つための断熱材としての働きや、殴られたときなどの衝撃に対するクッションとしても中性脂肪は活躍します。
no title

有酸素運動が中性脂肪には効くらしい!
運動には、無酸素運動と有酸素運動があります。無酸素運動は、運動中に呼吸を止めて行うもの、有酸素運動は息を吸ったり吐いたりしながら行なうものです。中性脂肪を効果的に燃やすのは有酸素運動なので、ウォーキングにはある程度効果がみられるかと思われます。
no title

2016年3月9日水曜日

紫外線と骨の関係とは?

簡単に骨折しないようにするためには、骨を鍛えないと(太くする)なりません。
骨はカルシウムを沢山とれば良さそうですが、それだけでは、あまり骨に取り込めないのです。
沢山取り込むには、活性化されたビタミンDが必要なのです。

ビタミンDなら、食事やサプリメントで摂る事ができますが、これは活性化されていません。
これを活性化させるには、紫外線が必要なのです。

つまり、骨を丈夫にするには、カルシウムとビタミンDを摂って、外で運動して紫外線を浴びればよいわけです!

ということが、以下の本に書いてありました。面白かったのでご紹介致しました。

2016年3月8日火曜日

成長ホルモンでダイエット効果が4倍!

運動には以下の2つがあります。
  • 有酸素運動(ウォーキングやジョギング等)
  • 無酸素運動(短距離やベンチプレス等)
有酸素運動では、脂肪を燃焼させることができます。
無酸素運動では、脂肪を燃焼させることができません。

しかし、有酸素運動では、30分継続して行わないと脂肪燃焼が開始しません。
この脂肪燃焼を早くするには、成長ホルモンが必要なのです。
実は、無酸素運動では、上記のように脂肪を燃焼させることは出来ませんが、成長ホルモンを分泌することが出来るのです。

よって、無酸素運動を行ってから、有酸素運動を行うと、有酸素運動だけの場合に比べて4倍の脂肪燃焼をすることが可能なのです。
そう、成長ホルモンでダイエット効果が4倍になるのです!

ということが、以下の本に書いてありました。面白かったのでご紹介致しました。

2016年3月6日日曜日

細胞的男女の起源

突然ですが、地球が誕生した時には空気(酸素)はありませんでした。
そのため、最初の生命体は、酸素がなくても生きられるものとして誕生しました。
これを「原始細胞生命体」といいます。
原始細胞生命体は、「嫌気性代謝」といって酸素を必要としない方法でエネルギーを獲得します。

その後、地球に酸素が誕生すると、酸素を使ったエネルギー代謝「好気性代謝」を行う生命体が現れます。
これを「ミトコンドリア生命体」といいます。

私達人間の子孫は、この「原始細胞生命体」と「ミトコンドリア生命体」が合体して生まれました。
現在の私達の体の中にも、嫌気性代謝を行う細胞と好気性代謝を行う細胞が残っています。

その代表の、嫌気性代謝を行う細胞は精子あり、好気性代謝を行う細胞は卵子なのです。
嫌気性代謝の細胞は体温が低い方が活発になり、好気性代謝の細胞は体温が高い方が活発になります。

これは、陰嚢が体の外にあるのは温めすぎると精子が死んでしまうからで、また女性がお腹を冷やしていけないのは体温が高い方が活発な細胞の卵子によくないからなのですに対応します。

前回も書きましたが、運動には無酸素運動と有酸素運動の2つがあります。
実は、これも『嫌気性代謝の細胞』と『好気性代謝の細胞』に対応しているのです。

短距離やベンチプレスのように息を止めて一気に運動をする無酸素運動とウォーキングやジョギングなどの酸素を取り入れて運動をする有酸素運動に対応するのです。
まとめると。
  • 男性:原始細胞生命体:嫌気性代謝の細胞:無酸素運動
  • 女性:ミトコンドリア生命体:好気性代謝の細胞:有酸素運動
ということが、以下の本に書いてありました。面白かったのでご紹介致しました。

2016年3月5日土曜日

ストレスから身を守る!

私たち人間の体は、「交感神経」と「副交感神経」という2つの自律神経が交互に体を支配することでバランスをとっています。
「交感神経」が体を支配しているのは、主に働いている時やアグレッシップな時です。
「副交感神経」が体を支配しているのは、主に寝ている時やリラックスしている時です。

自律神経には、バイ菌やウイルスなど外部からの侵入を守る「免疫系」と細胞のダメージを回復させる「ホルモン系」の2つがあります。
自律神経のバランスが崩れると、血液の流れが悪くなり血流障害から低体温になります。
また、ホルモンのバランスが崩れると、細胞の回復が遅くなり細胞自体のエネルギーが低下して低体温になります。

逆に言うと、低体温は、自律神経やホルモンのバランスが崩れている状態の可能性が高いのです。
このように「免疫系」と「ホルモン系」、2つの機能が上手く働くことで、私たちの体はさまざまなストレスから身を守っているのです。

ということで、逆の逆に言うと、低体温から脱すれば、私たちの体はさまざまなストレスから身を守れるのです!
ちなみに、低体温から脱する方法は以下にあります。

体温を上げると健康になる

http://kenkounote.blogspot.jp/2016/03/blog-post_4.html

2016年3月4日金曜日

体温を上げると健康になる

ここのところ、インフルエンザの影響で体温を計る機会が多いですね。
そして、複数人の体温一覧を見るケースもあったります。

すると、自分の体温が普通より高いのか低いのかがわかりますね。
実は、私は低いのです。一番低かったのは、35.1度の時がありました。その体温一覧で最低でした。

そして、ネットで低い体温を調べてみましたが、これが非常によくない状態だということを知りました。
で、辿りついたのがこの本『体温を上げると健康になる』なのです。


体温が低いとどうなるかは、この本を読んでもらうとして、体温を上げる方法をメモしときます。

体温を上げるには、一言でいうと、筋肉を鍛えることなのです。
筋肉を鍛える方法には、以下の2つがあります。
  • 有酸素運動(ウォーキング、ジョギング等)
  • 無酸素運動(短距離、ベンチプレス等)

で、日課で筋肉を鍛えるには以下の感じです。
  1. バナナを食べて30分待つ。
  2. 無酸素運動:なるべく息をしないで、1回のスクワットを1分間かけて10回から15回。
  3. 有酸素運動:普通に息をしながら、普通のペースでスクワットを適当な回数。
  4. 運動後10分以内にチーズを食べる。

これで、体温が上がるとのことです!!
なぜ、これで体温が上がるかは、この本に書いてありますよ。

ちなみに、体温が34度台だと、かなりやばそうですよ!
とりあえず、病院へいきましょう!
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村